納品状況が確認できるサービスも|チラシ印刷を依頼するメリット

インク

年に一度のご挨拶として

年賀状

近況のお便りとしても最強

師走のさなかに出すのは面倒くさいけれど、年が明けたときに受け取るのが嬉しいものは何でしょうか。それは年賀状です。子どもの成長記念日や新居の前で撮った写真、旅先での思い出の一枚などを選びぬいて印刷して作られた年賀状は、相手の近況が見えて微笑ましいものです。そんな年賀状ですが、自分が出すとなるとハードルが高いと感じてしまうのは、ひとえに印刷という行程のせいではないでしょうか。年賀状は一通あたりの送料が100円もしない、もっとも安価なご挨拶状です。遠方に住む親せきや久しく会えていない恩師、旧友たちへあてる交際費としては破格の安さだと言えるでしょう。文面次第でいくらでも格式ばることができますし、メールのような軽い口調と図柄で済ませることも可能なツールです。この利便性の高い交際ツールを使わない手はありません。しかし何枚もの葉書を文字で埋めるというのは、文章が得意な人でも難しいものです。そこで出番となるのが写真印刷年賀状です。家庭用プリンターの普及と、インクと紙質の向上によって家庭内での年賀状印刷もずいぶん手軽にできるようになりました。しかしながら業者の仕上がりを超えているかといえば、そうは言い難いところです。そのうえ、自前でインクを全色買い揃えたり紙詰まりに対応したりと、自宅プリントは当然ながら、師走の自分の時間を大幅に削る作業になってしまいがちなのは事実です。今はスマホなどで簡単に写真が撮れる時代です。印刷業者の早いところでは10月から年賀状印刷の受付が始まります。写真のデータを添付してネットで申し込みをしたり、店頭で申し込んだりして頼むことができます。申し込みが早いと驚くほど割引をしてくれる業者もありますし、写真に指定の文字を入れてもらうことも可能です。年に一度のご挨拶だからこそ、業者印刷を検討してみるのもいいでしょう。